ホーム 当社の理念 チーム 従来型 再生可能 権限委譲 お問い合わせ


国際部・専務取締役ジョナソン・ベント
ジョナソンは Blue Energy Partnersで25年にわたり、個人投資、開発およびプロジェクト融資でサポートしてきました。同氏は代表者として、北米、ヨーロッパおよびアジア全体で、エネルギー、不動産、技術および製造を含め、100以上のプロジェクトおよび運営企業を構築および管理し、その総計は60億米ドルを超えています。ジョナソンは、債務、機関投資、メザニン債務、州および連邦補助金、官民連携および税投資を利用してきました。主な役割としては社長および COOとして合計1,000人以上の職員を管理してきました。ジョナソンは米国生まれですが、ヨーロッパ在住経験があり、現在はシカゴに在住。同氏は国連持続可能エネルギーの融資および投資グループメンバーで、貧困な東南アジアをサポートするガルナプロジェクトの理事です。1980年代初頭、同氏はミシガン大学に在籍、ビジネス/ファイナンス専攻でイースタンミシガン大学を卒業。ジョナソンは妻と23年前に結婚。娘1人。


ジェイソン・ハーベイ、ディレクター
ジェイソンは、Blue Energy Partners の広範なビジネス管理、プロジェクト開発および資本市場で経験豊かな人物です。戦略的市場開発を担当、世界各地の再生可能および従来型エネルギープロジェクトの資本ソースを担当する海外チームの管理に当たっています。ジェイソンは以前、米国を本拠地とする民間企業に勤務し、大規模市場不動産プロジェクト、その債務と資本構造や配分を含め、企業、資本構造および開発プロジェクトの分析を担当しました。また、米国でもっとも有名な設計会社でマーケティング担当役員も担当し、地方のスチール企業では事業開発担当副社長を経験しました。ジェイソンは、イーグルスカウトの経験もあり、アリゾナ大学で経済学および通信を専攻しました。現在合シカゴ在住。


チームの続き > > >

Alizé Ventures 社© 2016 Blue Energy Partners